川崎市というアクセスの安心感

川崎市の税理士に確定申告を依頼した実体験

私は平成28年度の確定申告を川崎市の税理士の方に頼みました。確定申告を依頼するのは初めてだったのですが、気持ちよく対応して頂きました。予算は3万円ほどで、年度末の確定申告のみを依頼しました。おそらく通常であれば月額の顧問料もあった上で確定申告も依頼するのがセオリーなのでしょうが、インターネットが普及して価格が鮮明になって川崎だけに限らずに全国で価格の比較が容易になってきたことが影響しているのでしょう。
私の場合は確定申告のみで3万円(税別)で依頼して契約が成立しました。川崎市は東京や横浜からもアクセスしやすいため、直接事務所に行くのも容易ですが、私の場合は一度も対面することなくメールと資料の郵送のみで済んでしまいました。もちろん「直接来てもらえますか?」と言われれば川崎市はアクセスもいいので行くことも出来たのですが、今はネット環境があれば確定申告もスムーズに行えるようです。
ただ、私も確定申告に必要な資料や情報は税理士の人になるべく分かりやすいように準備はしておきました。こちらの方で準備をしっかりしておけば、初めて確定申告を依頼してもスムーズに進むのと、さらにプロに頼むことで安心感もあります。今回は直接事務所に行くことはありませんでしたが、税理士事務所が川崎市にあったことによるアクセスの安心感もあったと感じています。

会社設立を川崎市の税理士に頼むメリット

会社設立は定款を作成し、法務局に提出すれば自分でも行えます。しかし川崎市の税理士に頼むといろいろなメリットがあります。一つは会社設立後、顧問税理士の契約を行うと設立手数料が安くなると言う点です。二つは会社設立にかかる費用も安くなると言う点です。自分で会社設立した場合、定款認証による印紙代4万円、定款認証の手数料5万円、登録免許税15万円などで合計25万円ほどかかることがありました。
しかし電子定款に対応している川崎市の税理士なら印紙代4万円を節約することが可能です。三つは本業に専念できると言う点です。自分で会社設立する場合、何かと手間がかかることがありました。本業の時間を割いて会社設立の手続きを行うのでは利益が少なくなってしまいます。しかし川崎の税理士に頼めば本業で利益を上げている間に会社設立の手続きが終了します。
本業次第では川崎市の税理士に支払いする設立手数料以上の利益が期待できます。さらに川崎市の税理士なら個人事業主のままの方が良いのか、法人化した方が良いのか相談できると言う点も大きなメリットです。会社設立後は税務の届出が必要です。中には提出期限のある書類があるため、速やかに届出することが必要でした。しかし川崎の税理士なら届出を頼むことが可能、忙しい中税務署に行かずに済みます。

カテゴリ

カレンダー

2018年4月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

ニュース

2017年08月24日
税理士に必要な3つの費用を更新。
2017年08月24日
川崎市というアクセスの安心感を更新。
2017年08月24日
税理士選びの注意点を更新。
2017年08月24日
川崎市主催の無料相談を賢く活用を更新。